院長あいさつ

うがみんしょうら。ファミリークリニックネリヤ院長の徳田英弘です。私が育った「宇検村屋鈍」は奄美大島の一番西の端にあります。

昭和40~50年代は、診療所まで行くのにバスで1時間かかっていました。
よほどのことがない限りは、医者にかかることはありませんでした。子供からお年寄りまで、どんな病気でも診られる医師になって、シマ(ふるさと、地域社会)のために働こうと思い立ちました。医師としての研修を鹿児島生協病院でスタートし、奄美中央病院などの勤務を経て、鹿児島大学神経内科学・老年病学講座(旧第三内科)でも学びました。また、リハビリテーションや重度障害者のケアについても、福岡に勉強に行ってきました。笠利診療所勤務の時に、これからの奄美で在宅ケアの柱となることが自分の使命と考え、ファミリークリニックネリヤ開業いたしました。

開業6年目の2015年9月に、大島郡医師会をはじめとしたシマの医療・介護従事者のみなさまのご協力で、「第18回日本在宅ホスピス協会全国大会in奄美」の大会長を務めさせていただきました。市民公開講座には、800名近くの方々にお集まりいただき、「離島でも、おひとりさまでも、自宅で最期まで」お過ごしいただけるシマづくりを進めているところです。赤ちゃんからお年寄りまで健やかに、そして我が家で最期まで、過ごしていただくことを目指して、志ある職員ともに、外来に、訪問に、力を尽くして参ります。

よろしくお願いいたします。

院長 徳田 英弘
   Tokuda Hidehiro
昭和36年生(丑年)
昭和49年 宇検村立阿室小学校卒
昭和52年 宇検村立阿室中学校卒
昭和55年 鹿児島県立錦江湾高校卒
昭和61年 鹿児島大学医学部卒
<主な資格>
鹿児島大学医学部臨床教授
神経内科専門医・指導医
プライマリケア認定医・指導医
内科認定医
脳波認定医
筋電図認定医
日本医師会認定医産業医
鹿児島県医師会認定かかりつけ医
介護支援専門員

スタッフ紹介

診療理念

行動理念

行動目標

診療方針

●私たちは、これまでのあなたを知り、今のあなたを尊重し、これからのあなたと共に歩む「ドゥシ(同志)」をめざします。

●私たちは、充実した生涯を送っていくために、「私たちの専門はあなたです。」といえるように勉強をつみ重ねます。

●私たちは、納得のいく治療法を選んでいただくために、今の健康状態やこれからの見通しについて、わかりやすい説明を心がけます。

●私たちは、あなたにふさわしいサービスを受けていただくために、「シマ(地域社会)」のすべての医療機関、すべての福祉機関と力を合わせてあなたを支えます。

●私たちは、あなたとあなたの家族とともに、ゆりかごから最期のときまで、微笑み合えるようにつとめます。

ネリヤの由来

 

●「ネリヤカナヤ」(のかなた、のかなた)は、奄美のシマに(さち)をもたらす理想郷です。ここから「ネリヤ」をいただきました。
● ネリヤカナヤの英語訳は、 Happiness brought from the Ocean and the Mountains to Everyone です。
● ネリヤのマークは、の象徴です。マークの中には、 H O M E (我が家・ふるさと・在宅)が入っています。

専門職協働について

専門職協働、多職種協働 (IPW Interprofessional work)

たくさんの「プロ」とともに、あなたとご家族を支えます。

あなたとあなたのご家族の意向を踏まえて、
より良い毎日を過ごせるように、
職種や事業所を越えた対等の立場で、
あなたとご家族と一緒に力を合わせて、
互いに尊重しあい、ともに学びあいながら、
専門職としての知識と技術と心(気遣い、生命倫理)を提供します。

ネリヤへのアクセス

お車でお越しの方

[笠利・龍郷、大熊方面からお越しの方]

国道58号線浦上交差点を西に向かい、和光トンネル方面へ約1000m直進、左手「風水石材」を左折し、約80m直進すれば、右手にあります。

[名瀬・住用方面からお越しの方]

国道58号線和光トンネルを抜け、東に向かい約1000m直進、右手「風水石材」を右折し、約80m直進すれば、右手にあります。

バスでお越しの方

[道の島交通]

バス停「和光入口」で下車し、国道58号線を西に向かい、和光トンネル方面へ約150m直進し、左手「風水石材」を左折し、約80m直進すれば、右手にあります。

アクセスマップ

お気軽にお問い合わせください。0997-57-7177<受付時間>
午前 8:30 - 10:30
午後 16:30 - 17:30

メールでのお問い合わせはこちら